リクルート|Recruit

  • 募集要項
  • 福利厚生・教育制度
  • 先輩の声・一日の流れ
  • エントリーシート
  • ブログ

リクルートブログ

2019.07.17 研究・研修

パットの勉強会を開催しました🚽

私たち介護職は、普段使っているけど以外に知らないことが多いと思わされる今日この頃・・・・今日は使用しているオムツやパットの事をもっと知るために勉強会を開催しました(^O^)

講師は、日頃から法人全施設の担当として排泄に関する様々なアドバイスを頂いている、白十字株式会社の田中さんにお願いしました。

パットの種類や吸収量はもちろん

実際のオムツの中の構造などを知る事で、ケアをする際に意識しながら実践する大切さを学びました✎

学びを実践することで、スタッフが自らの能力を高められるように今後も実践していきます😄

1人ひとりの学びが、障がい者の方々・高齢者の方々の生活の安心につながる事を意識しながら、これからも学び・成長のある施設づくりを実践していきます。

2019.07.11 研究・研修

法人研修『ステップアップセミナー2回目』✎

今年度から開催されている法人研修「ステップアップセミナー」も2回目となりました。原土井病院・法人施設の介護職の管理者同士で学ぶ場として今日も、みんなで学びます✎

人と接することは、簡単ではありません・・・( ゚Д゚)

だからこそ大事なのは   ☆ 意識すること ☆

まずは環境設定について学びを深めました✎

近づきすぎだなぁ~って思う事ないですか❔

ここで大事なことは、パーソナルスペース

実際に体感することで、自分と他者との違いは勿論

新たな自分を知りました(^O^)

支援する対象者の方々には意識出来ているけれど、職員同士になると意外と出来ていなかったり・・・などと思いながら相手に与える印象を考え振り返ることのできた、あっという間の1時間半でした😄

学びだけでなく、実践を通じて

これからもみんなで成長していきます。

2019.06.21 研究・研修

法人研修 ストレスセミナーを開催しました✐

皆さん ストレスを感じる瞬間はありますか

今回は、そういった課題を法人全体で共有する為に法人内で外部講師をお招きしてストレスセミナーを開催しました(#^.^#)

講師には、本年度に法人がストレスチェックを依頼する事となった、IDO株式会社の原 摩利香さんにセミナーをお願いしました。

セミナー内容としては、ストレス原因(ストレッサー)を理解したり⚡

ストレス解消の対処法(ストレスコーピング)を理解することは勿論( ゚Д゚)

自分のストレス対処法がどのタイプなのかを考えました。

ストレスの無い人はいないと言いますが、みんな持って・感じているストレスがテーマなだけに・・・・(@_@。

自然と距離感も近づき、自分たちの事も話せる雰囲気)^o^(

誰だってある悩みだからこそ、仲間同士で話し合える空間っていいなってつくづく感じました(^^♪

グループワークでは、「今あなたが頑張っていること」を言い合って承認し合うことで

伝わる事の安堵感や相手に認めてもらえた時の安心感を感じて

気付けば、あっという間の1時間半が、勿論ストレスもなく(笑)過ぎていました

現場だけではなく、法人全体で研修を実施する事で施設の枠にとらわれない関係づくりを、今後も行っていきます!!

またストレスケアに関しては、法人全体で取り組む仕組みを新たに導入します。本日講師をされました、原さんの所属されるIDO株式会社のメンタルヘルスサポートを今後は活用していきます。

職員がストレスを感じたときに、すぐにLINEで外部に相談(つぶやける)できる仕組みを生み出すことで、職員にとって働きやすい環境を目指しています。

最後に、人だからこそ迷い・考え込み・答えが見つからないこともありますが、だからこそ法人内の仲間が必要であり、時には法人外の支援を受けながら働く職員を手助けできる事こそ、目の前の方々に対する温かい支援に繋がる事を法人全体で実践していきます(#^.^#)

講義の最後に、講師の原さんからのメッセージを頂きました。当法人の職員だけではなく、すべての方々に大切で温かい言葉だと感じましたので、このブログを見て頂いた方に届けさせていただきます。

 

2019.05.17 研究・研修

法人研修(人材開発チーム 編)が開催されました(*^^)v

本日、法人研修(人材開発チーム)が開催されました☆

・・・ 初めて ご覧の方々の為に ・・・

人材開発チームとは昨年度発足したチームで、多々良福祉会の法人本部(本部長・副部長)をはじめ、多々良福祉会で次世代を担う高齢者施設と障害者施設の現場管理者の方々が合言葉『まずは実践』を常に意識し、定期的な集まり役職や部署を超えてフラットな視点で法人全体を活性化させていくためのチームです。

ということで令和最初の人材育成チームの開催です。(#^.^#)

今回の研修のメインテーマは  な・ん・と

『2019年にやるべきこと』

各施設ごとにやるべきことを具体的にチーム内で共有しました。

「職員が働きやすい法人:離職防止」

「職員1人ひとりに目標を明確に持ってもらうためには」

「個別ケアの充実」

など    ( ゚Д゚)   など     (@_@。

多くの課題はありますが、その課題1つひとつが

組織を成長させてくれるものなので

大切に管理者全員 法人全体で取り組んでいきます(#^.^#)

今年度も人材育成チームで多々良福祉会を盛り上げます (^^)/ワッショイ

 

2019.05.17 研究・研修

たいようの里の施設内研修会へ参加しました📓

今回はたいようの里の施設内研修会に参加しました(#^.^#)

講師は、たいようの里の木村主任です(^_-)-☆

内容は『障害者総合支援法について』でした。

法律というと難しく感じる方もいると思いますが・・・

とんでもございません(#^.^#)

木村主任が話すと、物語風でなんとわかりやすく

☆ 面白い ☆

あまりの分かりやすい内容に聞き入ってしまい

あっという間の30分でした😄

結果:木村主任の熱が入り半分の内容となった為

残りは次回へ持ちこされるという結果に・・・

障がい者福祉に興味のある方々は

ぜひ、木村主任の講義を聞いてみて下さい(^O^)

 

2019.05.17 研究・研修

法人研修(ステップアップセミナーA)を開催しました(#^.^#)

今年度から法人研修を開催しました✎

なんと・・・今年度からは

( ゚Д゚)

原土井病院の介護の管理者の方々と一緒に学びます☆

ステップアップセミナーとは、主任や副主任の方々に必要なスキルを共に共感しながら学ぶ場です❕❕

最初は、初対面の管理者同士でぎこちなかったですが・・・

同じ介護現場で働く仲間として、すぐに打ち解けた様子でした😄

1年間を通じて、法人としてグループとしての学びの幅を広げること

様々な場面で働く仲間としての横のつながりを広げること

管理者のとしての視野を広げることを

多々良福祉会 全体で取り組んでいきます(#^.^#)

2019.04.17 研究・研修

法人研修の人材セミナーに知野 吉和さんをお招きしました(#^.^#)

昨年度から人材開発チームを発足して、管理者同士の学びの場を広げ実践に繋げてきました✎

今年度は、法人全体の学びの場を年間通じて行う計画を立てています。

その第1回目の人材セミナーの講師として、知野 吉和さんをお招きしました。

知野さんは人材育成アドバイザーとして全国の介護施設で、独自の視点で研究・開発されたスキマトリクス(介護職員の知識と技術と心理的状況から課題を分析する評価メソッド)を使って各種セミナーや内部研修・組織マネージメントの一線で活躍されている方です。

多々良福祉会の障害者部門と高齢者部門の管理者や法人本部長・副部長も一緒に参加しました。

管理者の方々は日々の悩み「職員の方々が成長してもらうためにはどうすればいいか❔」

知野さんの言葉は管理者の方々の『その通り』という納得に徐々に変わっていきました。

なんと言ってもホワイトボードに書かれたものは、それぞれの管理者が悩みをとしていたことを導くように分かりやすく書かれていたのにはビックリしました😲

法人として学びの場を多く持ち個々が成長できる機会を設けていきたいと考えています。

ここで完結するのではなく、これから始まるを意識して

学び続ける 成長し続ける 法人となっていきます(#^.^#)

知野先生からの学びを実践していきます。

2019.01.22 お知らせ

なごみの里・つくしの里 伝達講習会を開催しました。🎤 

1月21日(月) なごみの里・つくしの里 合同

伝達講習会を開催しました。🎤

伝達講習会とは:介護職員が外部研修で学んだことを

行けなかった職員に伝達して、ケアの質を向上させる

目的はもちろん、なごみの里とつくしの里の知識を交換できる場面

また、研修参加から発表の準備、そして発表を通じて介護職としての

伝達能力を向上させる為に開設当初から16年間続けられている活動です)^o^(

今回の発表は、つくしの里の加来さんの『身体拘束ゼロ作戦』

なごみの里の辻さんの『認知症実践者研修』を

発表して頂きました。

『身体拘束ゼロ作戦』では、身体拘束に対する基本的な

知識と理解だけではなく、標準化されているケアを振り返る

事の大切さを他の職員と共有する時間となりました。

また、認知症実践者研修では、中核症状やBPSDに

ついて理解を深めるとともに、現場実習で認知症の方を

対象に取り組んだ内容を発表し、情報がいかに大切で

継続して関わる事の必要性を強く感じました(^O^)

研修内で報告があった高齢者虐待防止の

資料動画がYou Tubeにアップされていますので

気になる方は見て下さい✎みんなで学ぼう✎

2019.01.22 お知らせ

なごみの里 『 進化 』します ( ゚Д゚)

なごみの里は開設16年目を迎えました(*^^)v

16年経つと人もあらゆる部分が痛くなったり・・・

動かなくなったり・・・

施設も同じです( ゚Д゚)

しかし、なごみの里は『進化』します。

介護の現場をスマートに繋ぐ、ワイヤレスコミュニ―ケーション

映像型統合コールシステムを2月から導入します😲

☆会話を超えた、映像でわかる瞬間コミュニケーション☆

☆映像対話ユニットを備えた 全く新しいコールシステム☆

全国的にも従来型施設での運用は少なく( ゚Д゚)

ただいま、みんなで勉強中✎・✎・✎

今までとは違うナースコールに

みんな興味津々・・・不安な顔もちらほら・・・

でも、全員が初心者なので(^O^)

これからみんなで学びます✎

実際に手に取って使用すると楽しそう(^O^)

職員同士で映像を確認してみたり・・・

隣にいるのに通話してみる職員がいたり・・・

暗闇でも、はっきりと映る姿にはビックリ😲

学んだことを2月から さぁ~ 実践!!

生活されている入居者の方々が不安なく安全に

困ったり・不安な時こそ介護者がそばにいると

安心して頂けるように、みんなで『進化』していきます。

2018.12.19 研究・研修

✎中途採用職員導入研修が終了しました。✎

本日、中途採用職員導入研修が終了しました。✎

5月~9月の間に入職された新しい職員さん5人を対象に

特養なごみの里・つくしの里が合同で

10月から3か月間📒 計7日間(2週間の1回)実施してきました。

研修内容を一部 紹介します(#^.^#)

11/14『事故防止について』

『感染症防止』~感染症防止・食中毒について~

 

11/28『褥瘡予防について』~効果的なポジショニング~

12/5『ノーリフトケアへの理解』~正しいトランスファー~

 

 

など など (´ω`*)

他にも『介護倫理』『目標管理の必要性』

『認知症:ユマニチュード』『キャリアパス』

『多々良福祉会の他施設見学と支援内容』・・・

✎全24項目✎ 計42時間の研修を終了しました(#^.^#)

そして最終日は、この3か月間の学びを発表🎉

研修期間中に目標設定した自己目標に対する取り組み・反省・課題

学びを通じて得た、介護職として大切な『知識と感覚』

1か月前から発表する内容を考え

レポート作成することで、振り返りと共に

と て つ も な い

・・緊 張 感・・( ゚Д゚)

施設長・所属部署の管理者の前で

しっかりと内容の詰まった発表でしたよ(*^^)v。

修了証書を施設長より手渡して頂く際の達成感(#^.^#)

これからも現場で、共に歩み・成長していきましょう(*^^)v

今日で本年の大きな研修はすべて終了(/ω\)

協力して頂いた管理者の方々、外部講師の方々

本当にありがとうございました。(^.^)

来年度は、今までの導入研修のグレードアップはもちろん❕❕

新入職員・2~3年目の中堅職員層のフォローアップ研修

キャリアパスに応じた階層別研修を企画・実践していきます(#^.^#)

 

 

 

2018.11.17 研究・研修

原土井病院 第36回 HQM大会に参加しました)^o^(

今年も、原土井病院のHQM大会に多々良福祉会で参加しました。

 

 

今年度に入って今日までの約8か月間 )^o^(

各部署で活動した4部署の内容を発表しました。🎤

🌞障がい者支援施設 たいようの里

演題:『ノーリフトケアの実現を目指して』

🍀特別養護老人ホーム なごみの里 3階

演題:『安楽な姿勢で生活して頂く』

🍀特別養護老人ホーム なごみの里 2階
演題:『充実したレクリエーション』

🌸地域密着型特別養護老人ホーム つくしの里

演題:『好みに応じた食事提供について』

7分間の発表と3分間の質疑応答を

発表者の方々は堂々とスピーチ🎤していました。

結果は。。。

優秀賞:🏆 たいようの里 と なごみの里 3階 🏆

副理事長賞:🏆 つくしの里 🏆

頑張った結果がしっかりと出た瞬間でした(^O^)

更なる発展を築いていけるように

これからも多々良福祉会 全体で取り組んでいきます。(#^.^#)

PS。。。 NICE THE(座)長 は 。。。

たいようの里の、木村主任でした。

さすがの一言 🏆 最高の司会進行でした。

2018.11.05 研究・研修

HQM大会に向けて、プレ発表を行いました。

11月17(土) 第36回 原土井病院HQM大会が開催されます。

今日は、なごみの里(2階・3階)・つくしの里の3議題の

プレ発表を実施しました。

なごみの里(2階):『充実したレクリエーションについて』

なごみの里(3階):『安楽な姿勢で生活して頂く為に』

つくしの里:『好みに応じた食事提供について』

本番に近い環境の中で( ゚Д゚)

緊張を感じました。

きっとこの経験が、本番に役立つと信じて(/・ω・)/

あと2週間☆がんばれ☆

 

2018.07.05 研究・研修

ノーリフトケアに挑戦します!!(*^^)v

特養なごみの里と特養つくしの里は

支援内容を大きく変える )^o^(

強い気持ちで活動中(/・ω・)/

ICT(情報通信技術)やRT(ロボットテクノロジー)を

現場で活用して「ケアの質」を高める☆彡

今月から導入された移動式リフトの勉強会を

実施しました。(#^.^#)

初めての職員やすでに使用したことのある職員

今日がみんなで歩む新たな一歩(#^.^#)

入居者の方々が安心できるよう(*^-^*)

負担を少なく介護が出来るよう )^o^(

これから ☆ ひとつ ☆ ひとつ ☆

歩みます (#^.^#)

 

2018.07.05 研究・研修

新入職員導入研修【8日目】です(^_-)-☆

 

入社して早くも3ヶ月が過ぎました(*^-^*)

あっという間で

「成長できているかわかりません」と

いう声もある中で(#^.^#)

新入職員導入研修 8日目が始まりました。

午前は「社会福祉法人と介護保険」「個人情報保護」

午後からは「排泄の仕組みとオムツについて」を学びました。

特にオムツについての講義では( ゚Д゚)

始めてみるポリマーの吸収性にビックリ(@_@。

 

体験して学ぶことで、多くの知識が

実践で活用されるはずです(^_-)-☆

いよいよ来週は最終日を迎えます。

3か月間の振り返りの発表に向けて

(*^-^*) みんな 頑張れ (*^-^*)

 

 

2018.06.05 研究・研修

ポジショニング勉強会を開催しました(^^♪

本日は、特養なごみの里において

ポジショニング勉強会を開催しました。

介護現場で必要だと・・・わかっていても・・・

むずかしい( ゚Д゚)

 

☆・☆・☆スキンケア委員会が中心となり☆・☆・☆

合言葉は 『体圧分散』『安楽位』(^_-)-☆

体感することで得た、感覚や知識を

学んだスタッフが他のスタッフへ伝達

(/・ω・)/

現場で実践していきます!!

 

2018.05.31 研究・研修

新入職員導入研修(6日目)が開催されました。

☆本日は、新人導入研修(6日目)☆

あっという間に入職して2ヶ月が経過!!

午前は、「身体拘束」「トランスファ」を学びました。

実際にセンサーベッドに寝ながら動作確認( ゚Д゚)

「以外に反応するまで時間がかかる。」

「このタイミングに対応が必要!!」

体感することの重要性(#^.^#)

午後からは、入職後2か月間の振り返り

 

テーマ「介護者に必要なもの」・・・以外に難しい・・・

入職する前と入職後の考えを照らし合わせ(#^.^#)

チームごとにまとめたものを発表しました。

自分たちの意見をまとめ

しっかりと発表される姿は

心強く感じました。(*^-^*)

 

2018.04.09 研究・研修

平成30年度 新入職員導入研修が始まりました。

こんにちは(^^♪

今年度はじめてのブログ投稿です!!

第1回目は、「平成30年度 新入職員導入研修」☆開始☆

今年度の新入職者は、な・ん・と( ゚Д゚)グループ全体で60名以上!!

4月2日・3日は、原土井病院で入社式を終え、そのまま新入職員は

全員で研修を行いました。

そして、4月4日(水)からは、当法人の新入職員導入研修が開始しました。

今年の新入職員は全員で6名入職しました。

配属部署は、たいようの里1名・つくしの里1名・なごみの里4名。

みんな2日間の研修で、すでに疲れているかと思いきや

びっくりするほど元気(^_-)-☆

開講式では、法人本部長から新たに法人メンバーとなった自覚と介護職員

としての使命を話して頂きました。

   

各施設長および管理者から、「共に成長していきましょう。」という熱い

メッセージを頂き、今年度も開講しました。

1日目は「介護倫理」や「目標管理について」などの社会人として

介護者として必要になる分野でしたが、みんな最後まで集中(^^)/

これから約3か月間の新入職員導入研修を通じて多くの学びと

新たな出会いを大切に。。。介護職としての第一歩を

一緒に歩んでいきましょうね(/・ω・)/

 

 

2018.01.29 研究・研修

平成29年度 第2回 伝達講習会が開催されました。

本日、特養なごみの里の伝達講習会が実施されました。

伝達講習会とは・・・

外部で受講してきた研修内容を、行けなかった職員に対して

重要な部分を伝達して頂く勉強会の事です。

今回は、2階 高瀬さん(介護副主任)が、昨年7月に受講した

介護福祉士実習指導者講習会の内容と

3階 辻さん(チームリーダー)が、昨年10月に受講した

平成29年度福祉職員キャリアパス対応生涯研修課程のチームリーダー研修

の内容を伝達して頂きました。

このように、外部での学びを職員間で共有することで

研修に参加できなかった職員も学びの場が生まれます。

学びを、自らが振り返り伝達するという事は、伝える力を

育成する大切な場面でもあります。職員一人ひとりが

成長する場面(きっかけ)を多く作ることで、より良い

支援につなげていきます。

次回は、3月29日(木)に予定していますので、お楽しみに。

 

 

2017.12.22 研究・研修

研修風景(第3弾)

 

12/20(水)平成29年度 中途採用職員導入研修の最終日を迎えました。

10月から始まった研修も、今日でいよいよフィナーレ!!

3ヶ月間の学びを、これからは現場で実践していきます。

午前は、なごみの里 生活相談員の竹川さんによる個人情報保護の研修

その後に、衛生管理者の南さんによるメンタルヘルスの研修でした。

午後からは、3ヶ月間の研修の振り返りをレポートとして作成していただき

施設長・管理者の前で発表。。。

緊張の伝わる中、1人ひとりの学びや今後の意気込みが伝わり

管理者一同、それぞれの成長を感じ

これかろもサポートしていきます。

  

全ての発表が終わると、施設長から修了証の授与が行われました。

ホッとした表情と共に笑顔いっぱいで、みんな受け取っていました。

ここで学んだ事は勿論、一緒に学んだ職員皆が仲間です。

これから多くの体験を共有し支え合う仲間として

これからも、一体となって歩んでいきましょう。法人全体でサポートします。

余談:研修後、修了者と施設長・管理者とケーキを食べている時の顔が一番

輝いていたようにも感じました。(笑)

 

2017.12.08 研究・研修

研修風景(第2弾)

 ついに冬季襲来!!

施設職員としては、怖い時期です。

何と言ってもインフルエンザ・ノロウィルス感染は脅威です。

だからこそ、この時期にしっかりと予防策・対応策を学びます。

今回は、高齢者施設 特養なごみの里での感染症研修の風景をお知らせします。

内容は、「ノロウィルスと思われる入居者の吐物処理方法」でした。

11/29(水)中途採用職員導入研修 「感染症予防」

 

やっぱり感染症予防の基本の1つ「手洗い」です。

手洗いを念入りにして、専用のチェッカーにかざすと残っている汚れに

職員みんな。。。ビックリ。。。 以外に落とせていないと実感です。

模擬吐物(絵具にトロミ付き)を使用して吐物処理の実体験。

 

迅速に正確に処理しないとアウトブレイクの危険性があると知って

みんな集中していました。

11/17(金)施設内研修会 「感染症発生及びまん延防止」

その後も、各フロアで同様の研修を重ねて

今年も、感染症の拡大を防止する準備をしています。

!注意! くれぐれも二枚貝にはご注意を。 !注意!

 

 

2017.12.08 研究・研修

研修風景(第1弾)

   当法人内では各施設ごとに、毎年多くの施設内での研修が実施されています。

今後ここでは、各施設の研修風景を取材してお知らせします。

まず第1弾は、法人主催の「接遇研修」です。

今年度は法人全体で「接遇」に対して取り組んでいます。

管理者・リーダー・一般職の3階層別に研修内容を

コンサルタントの白梅先生によって

管理者・リーダー・一般職の3階層別に研修計画を立てて頂いています。

 

今回は、一般職の第3回目(最終回)の接遇研修が開催されました。

高齢者、障がい者施設の職員37名が参加して、共に学びました。

内容は、「接遇実践」1、言葉遣い復習&敬語

2、相手を良く知るペアワーク(ブラインドウォーク)

研修内では、普段使用している言葉が二重敬語だという間違いに

気付かされた職員が多くいてビックリした様子でした。

ブラインドウォークでは、相手の気持ち・感じ方を察して寄り添う重要性

見えることや聞えることが、どれだけ安心感があることなのか

逆にどれだけ不安なのかを実感していました。

「気づき」「寄り添い」「思いやり」などなど接遇を通じて

多くの必要なキーワードは、介護実践のみならず、人と関わる様々な場面で

必要となることを学びました。

 

 

2017.11.22 研究・研修

第35回 原土井病院HQM発表大会

こんにちは、リクルート担当の八木です。

11月18日(土)原土井病院の第35回 HQM発表大会に参加しました。

HQM(Humanistic Quality Managiment)とは、「人間としての質の向上」を意味しており、職員1人ひとりの人間的な質の向上(人づくり)を実践し、医療や福祉の現場でのサービスの質の向上を図る活動を、グループ全体で発表する大会です。

     

たいようの里 1議題 、なごみの里 2議題 発表行った結果 全17サークルの中

院長賞(3位)なごみの里 介護 テーマ「チームケア)  優秀賞(入賞)たいようの里 テーマ「たいようにHALがきた」 、なごみの里 看護 テーマ「quickけあ」でした。発表者の方々お疲れ様です。

  

多々良福祉会は、今後も日々の実践を振り返りながら、支援内容の充実を図ります。